個別指導解析

勉強方法

一般に学校の授業で教育を受けますが、それでも足りないと思うと、それ以外の方法や場所で補うことが必要になってきます。それが塾や家庭教師、個別指導などです。それぞれを少し詳しく見て行きましょう。

学習塾(がくしゅうじゅく)

 

学習塾は、主に小中学校の放課後に、有償で学力の補強、学習の補助などを行う施設を言います。一般的には塾と呼びます。特に、受験対策を行う塾を進学塾とも言います。

主に、塾は主要5教科の国語、算数(数学)、理科、社会、英語の学習に特化しています。学校では、総合的な人間形成を目指しているのに対して、塾は主要科目に関して、弱点の補強や高度な学習などに力を入れています。

家庭教師(かていきょうし)

家庭教師とは、主に小学生から高校生に対して、家庭で勉強を教える講師で、国家資格ではありません。家庭教師事業者は、いわゆる家庭教師センターと呼ばれる法人の派遣会社が主体で、日本では専らこの法人派遣会社が東京などの家庭教師を仲介、または派遣していることが主流です。そのほかにも一部ではありますが、産業区分で出版社に分類される教材販売事業者が家庭教師サービスを提供していたり、個人営業で生徒を募集している個人事業主であったり、インターネット上で個人契約を斡旋する、法人派遣会社と個人事業主の中間形態としての情報サービスもあります。

ちなみに、塾などを含めた小中高校生の受験または補習を目的とした、すべての学習サービス全体において、家庭教師が占める割合は数%程度しかありません。

個別指導(こべつしどう)

個別指導とは、主に塾などで行われている指導方法の1つです。一斉授業で行われている集団指導の反意語ですが、個別指導の定義はとても曖昧です。なぜなら、熟語とに独自の定義を持っていますので、個別指導塾と名乗っていても、1回の授業で1人の講師が担当する生徒数が異なってきます。

多くの塾では、1回の授業で講師が1人が生徒2人を担当する1対2授業、生徒3人を担当する、1対3授業が行われます。しかし、1対5、1対10でも個別指導を名乗る塾もあり、結局は生徒何人までを個別指導といい、何人以上を集団指導というかに明確な決まりはありません。

広義では、1対1のマンツーマンしどうも個別指導に入りますが、個人指導という言葉を使うことも多いようです、しかし、個別指導と混同することも多く、これも明確な決まりがありません。

どこを選ぶか

さて、上記は定義だけを機械的に書きましたので、この定義に当てはまらない塾や家庭教師などもあるかもしれません。そのような複雑な中で、どの補助を頼むかは個人次第なのですが、それぞれをこのサイトで、少しわかりやすく説明して行こうと思います。もちろん、説明に合わない所や、新種(?)とも言える、形態をとるところには何の役にも立たないかもしれません。

しかし、少しでもあなたに、またはあなたの子供にどの補助をつけるかという、きっかけになってくれればと思います。

pickup

不用品回収 奈良
http://fuyohin-kansai-pro.com/
婚活サイト 比較
http://nettokonnkatsu.com/
留袖 レンタル
http://www.tomesode-myselect.com/

2016/3/2 更新